東邦ガスが提案するスマ−トハウス

東邦ガスが提案するスマ−トハウス

東邦ガスは電気とガスの両方を活かしたスマ−トハウスのコンセプトを打ち出しています。エネファ−ムという造語を使用した考え方をうちだしていて電力会社から提供された電気の使用よりも、地産地消という言葉通り、無駄の少ない電力の活用といったところでエネルギ−の有効活用を提案しています。具体的には火力発電によってつくりだされた電気は消費されるまでに、およそその半分以下の利用率しかないところを、地産地消のスマ−トハウス発電だとわずかなロスで有効活用できるという提案をしています。

 

東邦ガスは太陽光発電とガスによるダブル発電を推奨しています。ダブル発電は経済的で太陽がでていないタイミングでも発電が可能で余った分は電力会社に買い取ってもらうことができます。つまりソ−ラ−発電とガスによる発電でお互いに、苦手な部分ををかばい合うというメリットがあるのです。さらに、基本的にガスで発電して排熱のエネルギ−でお湯をつくりだすというエネルギ−を無駄なく消費しようというしくみを作り出しています。

 

<東邦ガスが提案するスマ−トハウス>
東邦ガスのスマ−ト発電によって、環境的にはCO2の排出をより一層減らしていこうという活動を実施しています。具体的には杉の木80本が年間処理してくれる二酸化炭素をエネファ−ム導入によって、そのすべてを削減することができます。東邦ガスが提案する、エネファ−ムのメカニズムは、ガスを使用して発生する水素と酸素の化学反応を利用した発電システムを構築して、より経済的なエコを提案してスマ−トハウスに活かそうと取り組んでいます。

東邦ガスが提案するスマ−トハウスについての情報でした

スポンサードリンク