スマ−トハウスの抱える問題点

スマ−トハウスの抱える問題点

次世代に大きな可能性を期待させるスマ−トハウスですが、そこには、この命題がかかえるさまざまなな問題点があります。実に単純で簡単なことなのですが、それはずばり規格の統一です。大手ゼネコンや建設会社だけにとどまらず、家電量販店なども含めて、各企業がそれぞれにスマ−トハウスの提案をアピ−ルしています。そしてスマ−トハウスが集まってスマ−トグリッドとしての街を形成するような提案を各社がなされていますが、いくら大きい企業であっても1つの街を一社が専属で街をつくれるわけがありません。そこに問題点があります。

 

スマ−トハウスの抱える問題点は、スマ−トハウスを提案する各企業どうしの企画の統一が果たしてなされているのかということです。日本の技術はあらゆる分野で規格の統一ができずに頭打ちを繰り返しています。ゲ−ム業界しかり、携帯・スマ−トホン業界しかり、DVDなどの録画分野など、なかなか統一という文字をみることはできません。そこにスマ−トハウスの抱える問題点があります。もし規格が統一された時、その規格を推し進めた企業が、基本的にもっとも大きな利権を得ることができるというのが、経済のセオリ−です。

 

<スマ−トハウスの抱える問題点>
規格が統一されてスマ−トハウス構想が動き出すと国の経済は一気に上昇するという可能性をもっています。しかしそのカギは未だに統一化されていない通信事業がもっているのです。自社の企画で統一すれば、そこには大きな利権が働きます。そこに大きなスマ−トハウス事業における問題点があるのです。このスマ−トハウスの抱える問題点として、必要なのは一社が単独で利益を独り占めしない、上手な痛み分けなのかもしれません。国が関与しうまい具合に痛み分けをうながし次世代に向けてスマ−トハウスが動き出すことを国民は望んでいるのかもしてません。

スマ−トハウスの抱える問題点についての情報でした

スポンサードリンク