スマ−トハウスとはいったい

スマ−トハウスとはいったい

スマ−トハウスは例えば家そのものが、資源を生み出して、さらに資源を上手に消費するというようないわゆる、自己完結型の家のことをいいます、それは経済的な観点でみると理想的な家になります。スマ−トハウスに搭載されたエネルギ−モニタ−は家全体の無駄を管理します。それによって使用していない資源を細かくチェックし制御するのです。

 

スマ−トハウスとはいったいなんのでしょう。2011年の3月11日に発生した東日本大震災をもとに発展した考え方といえるのかもしれません。そもそも世界の資源はもはや底を突き始めているとは、ちょっと昔からメディアなどで、控えめにささやかれていた深刻な問題のひとつでありますが、しかしそんな状況下において、もし世界の人々が、いやいやとりわけ日本人が、先行きを心配しエコ活動に乗り出して車も乗らず、出かけもせず、さらに消費も
しないとしたら、いったいぜんたい経済はどうやって成り立っていくのでしょうか。というようなそんな不安をもとにしてなりたったのがこのスマ−トハウスの考え方なのでしょう。

 

<スマ−トハウスとは>
そこで考えました。経済を成り立たすためには賢い消費が必要だということを。消費は経済を動かします。しかし限りある資源を賢く消費していかなくては近い将来早急に資源は枯渇して、今度は本当の経済の停滞を生み出します。そんな資源の枯渇を先送りして、新たな資源開発を期待しながら、賢く、管理された資源管理の方法、つまりそれがスマ−トハウスなのです。

スマ−トハウスとはいったいについての情報でした

スポンサードリンク